福岡堅樹は医学部ってホント?ピアノの腕前や100m走タイムがすごい!

今回は福岡堅樹選手のプロフィールや気になることについて調べてみました!

ネットで彼のことを検索すると”医学部”や”ピアノ”なんてキーワードが表示されます。

え?ラグビー選手だよね?同姓同名の別人じゃない?

気になりますよね。

別人の話なのか、それともラグビーをしながらも勉学に励み、更にピアノまで嗜んでしまう方なのか?!

100m走のタイムや実家の父親なども皆様興味を持たれているようです。

この記事を読めば福岡堅樹選手の話題となっている情報が丸ごと分かります!

福岡堅樹選手のプロフィール

氏名:福岡堅樹(ふくおか けんき)

ニックネーム:けんき

生年月日:1992年9月7日(執筆時26歳)

出身:福岡県古賀市

ポジション:WTB(ウィング)

身長:175cm

体重:83kg

所属:パナソニックワイルドナイツ

 

 

 

 

 

 

日本代表キャップ数:30

 

ポジションを徹底理解できる記事はこちら!

ラグビーのポジションと役割が初心者でも分かる!これで観戦が楽しめるぞ♪

 

福岡堅樹選手は5歳でラグビーを始めます。

え!5歳って幼稚園児じゃない!?
そうなんだ!なんでもお父様が高校、大学とラグビーをされていた方みたいで、子供と一緒にラグビーをやるということを夢見ていたようだよ。

中学は福岡県古賀市にある古賀東中学校。

小中学校とラグビースクールでプレーをされていました。

 

高校は福岡高校。

こちらは進学校として有名のようですね!

高校でももちろんラグビー部に所属。

足の速さには定評があり、1年生からレギュラーとして活躍。

3年生の頃には全国大会である”花園”にも出場されたそうなんです!

足が速かったんだねぇ!
うん!そのことはあとで詳細に説明するよ!

大学は筑波大学の情報学部。

そこでもラグビーを続け、関東大学ラグビー対抗戦初優勝全国大学選手権初の準優勝など目覚ましい戦果に貢献しました。

大学在学中にジュニア・ジャパン代表や日本代表に選ばれ、2015年ワールドカップにも日本代表として名を連ねています。

2016年のリオ五輪では7人制ラグビーの日本代表としても選ばれています。

 

その後は野武士軍団と有名なパナソニックワイルドナイツに入団し、現在も活躍されています。

なぜ医学部というワードが?

ネットで検索すると”医学部”ってワードが出てくるよね。まさかラグビーやりながら医者目指すとか無いだろうし、同姓同名の別人かな?
その”まさか”なんだよ。詳しく解説していこう!

福岡堅樹選手の祖父は開業医。

また福岡堅樹選手の父親は歯科医。

医学の家系に生まれ育ったようです。

そういう環境もあり、福岡堅樹選手は小さい頃から医者になることを夢見ていたのだとか。

高校も福岡高校という進学校。

本気で医学部を目指していたようです。

 

ただ、大学受験の折、現役・一浪を経験し一浪時に併願で受けた筑波大学のほうが合格したということでそちらに進学されました。

へ〜!じゃあまさに文武両道ってやつだね!
最終的には志望する医学部へは進学できなかったけど、そのポテンシャルはやっぱり普通じゃないよね!

ということで、福岡堅樹選手が医学部志望だったということは本当のことなのです!

高校時全国大会に出場するほどラグビーを真剣に取り組んでいたにもかかわらず医学部受験までしてしまう文武両道の方だったようですね。

 

噂によると2020年の東京オリンピックのあとは、夢である医師を目指しまた医学部にチャレンジするんだとか!?

スポンサーリンク

ピアノの腕前がすごいってホント?

同じくネットで検索すると”ピアノ”というワードも出てきます。

こちらについても詳しく見ていきましょう。

 

実は福岡堅樹選手は、なんと3歳からピアノを始め中学3年生までの実に12年間ピアノを習っていたそうです。

とあるインタビューで、

けんきは何の曲が1番好きなの?

と聞かれ、

ベートーヴェンの悲愴

と答えたんだとか。

「ちょっとピアノ習ってました〜」レベルでは全然ないよね(´-﹏-`;)

 

本人がピアノを演奏している動画は見つけられませんでしたが、今後いつかどこかで披露される場面も期待できるんじゃないでしょうか?!

100m走が半端ない

幼い頃から足の速さには定評があった福岡堅樹選手。

プロのラグビー選手となっても、その足の速さを武器に一線で活躍されています。

175cm,83kgってラグビー選手の中では小柄な方なんだよね。それでも一流と呼ばれるほど足の速さが飛び抜けてるんだ!

その速さは、2015年ワールドカップの際もイングランドのヘッドコーチから

ワールドクラスのスピード

と称賛されたこともあるほどなんです!

また日本代表の前ヘッドコーチであるエディー・ジョーンズ氏からも

チーターより足速いんじゃないの?

とジョーク交じりで言われたそう。笑

 

そんな福岡堅樹選手のタイムはというと、、、

  • 50m走は5.8!
  • 100m走は11秒前半!

と言われています。

100m走に関しては正確な情報はなかったのですが、50m走のタイムから予測するとこのくらいってことのようですね。

100mを11秒前半ってどのくらい早いの?って思いましたので調べてみました。

高校陸上部で全国レベルとなると10秒前半で走るそうです。

10秒後半でも陸上部で足が速い!と言われるレベル。

11秒前半で陸上部の子たちと肩を並べインターハイに出場できるんじゃないかレベルだそうです。

 

ここでよく考えてほしいのですが、福岡堅樹選手はラグビーの選手。

ウィングということで敵からのタックルにも当然会いますし、そのため屈強なボディを作らなければいけません。

実際福岡堅樹選手は175cmの身長で体重が83kgもあるマッチョマンです!

それで高校生の陸上部の子たちと肩を並べる程の速さというのは本当に信じられないですね!

 

福岡堅樹選手の俊足ぶりが分かる動画を紹介しておきましょう。

まさに異次元のスピードだね☆

プレーを見る限り、田村優選手の空間把握能力とキラー的なキックパスに対してとても相性が良さそうですね。

田村優の彼女を調査!イケメンな髪型やプロフィール、プレースタイルなど
スポンサーリンク

特徴的なプレイスタイル

上でもご説明している通り福岡堅樹選手はそのワールドクラスのスピードを武器にしたトライとタックル。

  • 空いているスペースに転がったボールを誰よりも早く拾い、そのまま誰も追いつけない程のスピードでトライまで持っていく。
  • 敵のパス回しの一瞬のスキを突きあっという間に奪って自チームのボールにしてしまう。
  • フリーのボールをフリーで取ったつもりでいる敵が、思わぬところから神速タックルを受けボールを手放してしまう。

まさにそのスピードが群を抜いてることを全開に活かしたプレイスタイルです。

2019年ワールドカップでも代表メンバーの候補に上がっています。

というかまさに若手トライゲッターとしてこれからの活躍に期待したい選手です!

まとめ

今回は選手のプロフィールや色々と評判になっていることをまとめてみました。

医学部の噂やピアノの腕前、100m走のタイムなどで評判になっていますが、その実態が分かりましたね。

これでもうあなたも福岡堅樹選手の立派なファンです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です